携帯ショップと修理店の違いを知る

もしもの時の応急処置

画面のひび割れについて

スマホの画面に傷やひび、または画面が割れてしまった場合は、動作に支障がなくてもなるべく早く修理に出してください。
画面が多少ひび割れた程度なら使用できますが、場合によっては内部の液晶部分が液漏れを起こし、突然タッチ操作ができなくなってしまう可能性があります。

また、画面にひびが入っている状態というのは、ディスプレイに隙間が空いているということになります。
その空いた隙間から、水やほこりが侵入してしまい、スマホ内部のメイン基盤の故障を起こす恐れがあります。
スマホの画面の修理だけで済んだものを、内部の故障によって余計な費用と時間がかかってしまうことになってしまいます。

スマホの外観の破損や水没がなく、スマホの動作不良が起こった場合は、一度電源を落とすと改善することがあります。
頻繁に動作不良を起こす場合は、一度見てもらった方が良いです。

水没した時の対処法

スマホを水没させたときは、水から引き上げてすぐに電源を切ってください。
同様にスマホが水没した際に電源が落ちたからといって、壊れていないか確認するために電源を入れないでください。
電源が入っていると内部に入った水の動きで回路がショートすることがあるからです。

その次は、スマホ本体表面の水分を拭き取って自然乾燥させてください。
この時、早く乾かそうとドライヤーなどので熱を加えると故障の原因になります。

SIMカードは携帯ショップで再発行ができますが、手数料が発生します。
なので、水分を拭き取って、ティッシュペーパーなどに包んで保管しましょう。

もとの通りの動作をしていても、本体の中に入った水が部品をショートさせたりするので、早めに修理に出しましょう。


TOPへ戻る