携帯ショップと修理会社を徹底比較!スマホの修理依頼

携帯ショップと修理店の違いを知る

スマートフォンを修理に出す前にやっておく事

スマートフォンを修理に出す場合、身近な修理先は携帯ショップになります。 また、スマホの保証サービスに入っているという人もいるでしょう。 携帯ショップは全国各地にあり、大手になるので安心して修理に出すことができます。 しかし、代わりのスマホを貸してもらえますが、修理には時間がかかるのが携帯ショップです。

修理会社に修理を依頼する

修理会社には登録修理業者とそうではない修理会社があります。 登録修理業者とは、スマホの修理やその値段が適正で問題がないということを国によって認められた修理業者のことです。 また、修理業者によって専門がある場合や得意な修理があります。 なので、修理を依頼するときは、複数の業者を比較してから依頼しましょう。

携帯ショップに修理を依頼する

スマホを修理に出した場合には、データの流出を防止するために、連絡先や、LINEのようなアプリなどはすべて最初の段階に戻されてしまいます。

スマホ本体よりも中にあるデータの方が大切だという人もいるでしょう。
スマホの電源を入れられない、フリーズして動かないといった不具合の場合はどうしようもありません。
しかし、スマホを操作することができない不具合ではない場合は、スマホを修理に出す前にはデータの予備を取ることを忘れてはいけません。
これをうっかり忘れてしまうと、スマホの修理後に修理前の通りに使用するには、時間と手間がかけることになってしまいます。
スマホは精密機械なので、突然故障するという事もあり得ます。
もしもの時に備えて、データの予備は定期的に保存しておくと安心安全です。

データの予備を取っておく以外にもやっておくべき事があります。
データの方に気が行ってしまいついつい、忘れがちになってしまうのが、アプリ関係のデータです。
LINEに関しては、運営側にデータがあります。
なのでスマホが最初の段階に戻されてしまっても、同じアカウントでログインできれば、トーク以外のほとんどの内容を復活させることができます。
TwitterやFacebook、Instagramなども、IDとパスワードがあればログインできればアカウントは復旧します。

なので、これらのことからアカウントやログインパスワードは、メモなどをして何があっても良いように、いつでも確認できるようにしておきましょう。

もしもの時の応急処置

スマホを落としたり、水没させてしまった場合以外にも故障は起きてしまいます。 スマホは精密機械ですので、機体に強い圧力がかかると内部の基盤が歪んで故障してしまう場合があります。 スマホに気づかずに下敷きにしてしまった場合でも、何らかの不具合を起こしてしまいます。

TOPへ戻る